MOTO1 第1戦 グリーンパーク弘楽園



moto1中四国今年の開幕戦はなんと!!
ダートが7割、ターマックが3割!
モタードレースとしては初の試みです。日頃のダート練習の成果を試す時!?
今まで敬遠していたモトクロスライダーの方!エンデューロライダーの方も興味をもって沢山エントリーしていただきました!

ココで注意です!
全クラスブロックタイヤ禁止
あくまでもモタードにふさわしいタイヤで参加ということで、あくまでモタードレースということをご理解のうえ参加いただきました。


ここ最近の悪天候で路面状況が心配されましたが、前日より晴れわたり、グリーンパーク弘楽園様のご協力によりシッカリと整備できました。午前中は少しヌタヌタな所もありましたが、だんだん状況は良くなり!
とても走りやすく、各所で熱いバトルが繰り広げられる見ている方も熱くなるレースとなりました。

ターマックが得意なライダー、ダートが得意なライダーと様々なライダーがぶつかり合うとても特殊なレースであるスーパーモタード。
全6戦中1戦くらいこんなレースがあっても良いんじゃないでしょうか?
普段なかなかポイント圏内が難しかったライダーも、ダートが多いコースでシッカリポイントを稼いで次のレースへのモチベーションもアップされてましたね!

逆にダートが苦手でポイントを逃してしまったライダーも・・・・もっと精進しようと気合いが入ったのではないでしょうか?

moto1

まるでX-GAMES!

初の試みである、モトクロスで使用されるスターティングマシンでのスタート。
横1列での一斉スタートは圧巻です!モタードのような滑りやすいマシンでの1コーナー突っ込みは見ていてハラハラドキドキ!
最高に盛り上がるスタートでした。

次回の弘楽園は一応カートコースを使用したコースの予定です。
ダート区間は同じくエンデューロ部分を使用するので、また熱いレースが予想されます・・・・・・

MOTO1 PRO クラスのライダーにお知らせ

□特別規則
□スーパーMOTO1クラス
□MOTO1 PROエントリー5人以上場合は決勝1ヒート
□MOTO1 オープン Aクラス 希望参加可能 
□MOTO1 PROのみ賞金
□申し込み料金はエリア戦料金

観戦情報

開催会場


グリーンパーク弘楽園

観戦入場

<入場料>
大人・子供:無料

<駐車料>
車・二輪:無料

開催クラス

moto1 OPEN レーサー450cc以上
moto2 市販車400cc、レーサー250cc
moto3 市販車250cc
moto4 ストック50 4ST 50ccエンジンストック車のみ
moto4 オープンクラス 4STエンジン125ccまで改造OK
SM-1 市販車450cc、レーサー450cc、MFJエンジョイライセンス可
SM-2 市販車400cc、レーサー250cc、MFJエンジョイライセンス可
SM-3 市販車250cc、MFJエンジョイライセンス可

大会情報

レーシングコースについて

今回はカートコースを使用せず、モトクロスレースで使用するスターティングマシンを使用してのスタート。

音量規制について

2010年の音量規制は94dbとさせていただきます。

タイムスケジュール

下記エクセルファイル,PDFファイルをダウンロードしてください。

エントリーリスト

下記エクセルファイル,PDFファイルをダウンロードしてください。
※2010年03月12日更新

大会結果

レースリザルト

下記エクセルファイル,PDFファイルをダウンロードしてください。

クラス exel PDF
MOTO1 OPEN
MOTO2
MOTO3
MOTO4
SM2

レース写真

画像をクリックすると大きい画像が別ウィンドウに表示されます。

色々写真

moto1OPEN

moto2

moto3

moto4